Products & Services

β2GPI/HLA-DR抗体検査(フライムβ2GPIネオセルフ抗体検査)ネオセルフ理論とは 

検査項目名 フライムβ2GPIネオセルフ抗体検査
検査項目コード F001
検査方法 Flow Cytometry (FCM法)
検査実施 ネオセルフ・ラボラトリー
材料 血清1mL ※1
容器 専用容器 ※1 専用容器
保存温度/安定性 冷蔵 / 2週間
所要日数 10~15日 ※2 ※3
基準値 73.3(U)以下

※1 汎用プレーン管にて採血後、1500G10分遠心し弊社指定返送キット備え付けの専用容器へ血清を1mL分注してください。
※2 原則的に検体をラボにて受領した日を起算日として結果報告するまでの営業日数です。(土日祝日含めず)
※3 アッセイ予定日の前日以降の到着は次回のアッセイになります。
※4 この検査は研究用検査です。診断の補助を目的とし確定診断の目的としては使用できません。

ネオセルフ抗体検査とは

自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、自分自身の持つ抗体等の免疫系が、自分の組織の抗原となるタンパク質を標的として攻撃してしまう病気です。ネオセルフ抗体とは、自己抗原となるタンパク質が病気のなりやすさと関わるヒト白血球抗原クラスⅡ(HLA-DR)というタンパク質と結合して出来る複合体を攻撃し、自己免疫疾患を引き起こす抗体のことを言います。
新しい(「ネオ」)考え方に基づく自己抗原(「セルフ」)に対する抗体なので、ネオセルフ抗体と名付けられました。

原 理

APSの原因となっている自己タンパクであるβ2GPIと病気になりやすいHLA-DRを利用した画期的な技術に基づいています(特願2015-527186)

β2GPI/HLA-DR複合体発現株
  • 遺伝子導入によりβ2GPIおよびHLA-DRを所定の細胞株に導入し、β2GPI/HLA-DR複合体(ネオセルフ抗原)を細胞表面に発現させます。
  • 患者様血清とネオセルフ抗原を反応させ、抗ネオセルフ自己抗体価を測定します。
  • ネオセルフ抗原で提示されるエピトープは、従来法では検出されない自己抗体と結合することができ、病態をより正確に反映する検査が可能になりました。

製品・サービスに関するご質問はContactへお問い合わせください。